園長からごあいさつ

びわこきららこども園|滋賀県大津市 幼保連携型認定こども園

≫スタッフ募集

学校法人雲母学園 理事長
熊本 マリ子

学校法人雲母学園 理事長 熊本マリ子近年、著しい発達をとげた脳科学の知見によれば、人間の脳は3歳までに65%、6歳までに80%が、すでに完成をみるのだといわれています。限りない可能性を秘めて、頭も心も身体も豊かに育つ幼児の“いま”を人間の生涯にわたる教育の最も重要な適期であると私達は考えています。

びわこきららこども園の実践する新しい幼児教育は、子どもの人間発達を見据えた脳科学を背景に、知・情・体の調和のとれた生活環境を整え、「動きと言葉とリズム」を基調とした、より適切な経験を積極的に繰り返し与えていく働きかけにほかなりません。その一つ一つが、子ども達の自ら育つ力を引き出し、個性を育て、創造力を生み、そして、生きる喜びへと昇華していくものでありたいと考えるのです。

こうした私達の教育への願いを具現する園舎のもと、新たな科学的知見と40数年にわたる幼児教育の経験を加味しながら、豊かに子ども達を育てるという願いを同じくするスタッフ、また保護者の皆様とともに、力を合わせて精一杯に励んで参りたいと願うものです。どうか当サイトをご高覧いただきご検討の上、園児募集にご応募賜りますことを切にお願い申し上げ、ごあいさつとさせていただきます。

びわこきららこども園 園長
池野 亮光

人類は探究心を持つがゆえに進化し続け、文明を築いてきました。そこには先人の文化を受け継ぐ心や態度がありました。
「学校は、何故あるの?」「なぜ、勉強するの」という問いへの答えは「この世に生まれた私たちは先人の遺した文化を受け継がねばならないからです。」となります。
私たちは、ゆっくり自立へ向かう乳幼児期に、学校で学習するための根をしっかりと下ろし、小学校での学びの中でさらに根を広げ、根を張って行くのです。
「受け継ぐ心」を持って学ぶ姿勢は「謙虚」という素晴らしい姿勢ではありませんか。
日々、進化する社会において、学びは尽きることが無いでしょう。生涯にわたり、 謙虚な姿勢で知的好奇心旺盛に探究心を持つ人は、「かがやく人」です。
その様な「かがやく人」になって欲しいと願い、一人一人が確かな根っこを何本もおろしていく取り組みを大切にしたいと思っています。
勿論、いろいろな遊びでの体験もとても大切です。生涯にわたり、遊びを楽しむ根っこもしっかり下ろしたいものです。

「きらきら、きららーと かがやくきららっ子」これが、園児と園の合言葉です。

☆0・1・2歳のきららっ子は、じっと見てじっと聞いて、笑顔で自立に向かい、
 「 きらっ」とかがやく日々の連なりの中で身辺自立を遂げていきます。
☆3・4歳のきららっ子は、知的好奇心がいっぱい。チャレンジして世界を広げ、
 「きらきらー」とかがやきます。
 ありがとうやごめんなさいの心を育み、挨拶・約束もしっかりできて、
 「きらきらー」とかがやきます。
☆5歳のきららっ子は、年長として頑張る意欲がいっぱいで、みんなのために行動できます。
 生きること・働くことの意味に気付いていきます。勿論、みんなと力を合わせることもできて、
 大きなことにチャレンジします。
 「きらきら、きららー」とかがやきます。

きららっ子は、6年間のこども園の生活をとおして、生涯にわたりかがやく人としての根っこをたくさんおろし、育み、卒園していきます。